2005年04月30日

条例違反の常習犯

ウィーン条約というものがある。
これは、多国間に於ける領事機関の設置等について詳細に規定したもので、所謂日本領事館は日本領地という位置づけを証明しているものである。

今回の反日運動に於ける日本領事館に対する破壊行為は、この条例に著しく違反しているといえる。

2005年の中国における反日活動

中国も批准している ウィーン条約の第31条(領事機関の公館の不可侵)は、これらの行為を防止する義務を有しているが、 中国政府には重大な違反を犯していることになる。

ウィーン条約の第31条

  1. 領事機関の公館は、この条に定める限度において不可侵とする。
  2. 接受国の当局は、領事機関の長若しくはその指名した者又は派遣国の外交使節団の長の同意がある場合を除くほか、 領事機関の公館で専ら領事機関の活動のために使用される部分に立ち入つてはならない。ただし、 火災その他迅速な保護措置を必要とする災害の場合には、領事機関の長の同意があつたものとみなす。
  3. 接受国は、2の規定に従うことを条件として、 領事機関の公館を侵入又は損壊から保護するため及び領事機関の安寧の妨害又は領事機関の威厳の侵害を防止するためすべての適当な措置をとる特別の責務を有する。

それ以前に、デモ隊による日本人やそれに関わる中国人などに対する暴力行為自体、許されざる行為に他ならない。

中国は、日本の 国連常任理事国入りに対して反発しているようだが、そんな常識も無い国が常任理事国になっていることの方が問題なのではないか。

続きを読む
posted by JNES at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月28日

笑わせるな

邦人旅行者の安全確保要請 観光客は歓迎と中国側

代表団は反日デモなどの情報を日本の旅行会社に事前に提供するよう要請。これに対し中国側は「中国は安全な旅行先であり、旅行者の安全を守る能力もある。 公安部門などと連携を強化しており、日本の観光客は熱烈に歓迎する」と安全を強調した。

「日本人は全て死ね」とか平気で言って、突然日本人を殴りつけたり、ゴキブリ入りの料理を出して 「お前たちに食わすものはない」とか言い出す集団のいる国のどこが安全なのかと。
それに、自分たちは反日教育を平気で実行しているのに何処をどう取れば安全な国だと言い切れるのか。改めて不思議民族だなと感じる。

外務省も、 海外危険で中国や韓国を「もっとも危険な地域」として、渡航者に注意を促すべきなのではないだろうか。

posted by JNES at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月26日

靖国神社というもの

靖国参拝訴訟で原告敗訴 東京地裁判決

小泉純一郎首相と石原慎太郎東京都知事の 靖国神社参拝は 政教分離を定めた憲法に違反するとして、 参拝に反対する市民や韓国人約1000人が国などに慰謝料と参拝差し止めなどを求めた訴訟の判決で東京地裁は26日、原告の訴えを退けた。

当然の結果。
寧ろ、韓国人は首相等が参拝することを歓迎すべきなのだが、「A級戦犯、 A級戦犯」と莫迦の一つ覚えのように抗議する。
私も知らなかったが、靖国神社には、日本のために共に戦った台湾・韓国人元軍人軍属も英霊として祀られているということだ。

それに、A級戦犯と呼ばれる人々も『死』という刑を受けて罪を償っている。
日本人の間隔としては、罪を償った人に唾を吐くような非礼は持たない。
非難の声を上げる前にもっと研究して、「何に対して抗議するのか」を見極めるのが先決なのではないだろうか。

続きを読む
posted by JNES at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

誰の為の命か

韓国国内では、世界大戦の頃の戦時下では考えられない事態が起きている。

こんな国を命をかけて守れと言えるのか

この事件の遺族らはこの3年間、思い切り号泣することさえ難しい雰囲気の中で生きてきた。これまで、 太陽政策に悪影響を及ぼすのではと気が気でなかった政府関係者から「静かにしていて欲しい」という注意を受けたことすらあった。

温情に接するのは良いが、 自国の国民に対する非道を黙認するような政策ならするべきではない。私から見れば、北に対して尻尾を振っているだけの政策でしかない。

自国のために散った命を尊ぶ事に何の罪があるのだろうか?
靖国参拝もA級戦犯だろうが、一般兵だろうが、散った命に対して尊重することに何の罪があるのか?

続きを読む
posted by JNES at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

過去の体制

台日の「72年体制」を見直すべき
http://www.roc-taiwan.or.jp/news/week/05/050422d.htm

これらの変化は日本が中国の脅威をみずからにも向けられたものであることを認識したもので、 今回の中国の反日デモはこうした脅威を証明している。これまでは中国の脅威に対し、台湾が一方的に日米に協力を求めてきたと思われているが、 いまや台、日、米が共同で中国の脅威に対応しなければならないとの認識に変わっている。

この60年で近隣のアジア諸国も政治的にも経済的にも発展してきている。
その為、外交手段も時代に合わせて変化していかなければ成らない。日本の立場も「大日本帝国」のイメージから大きく変わってきている。 私の中では、日本という国は『帝国』のイメージはなく、今の状態がイメージに近い。(日本人として失われた文化や風習があるのは寂しい)

続きを読む
posted by JNES at 00:07| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月24日

未熟未熟未熟!!

【中国】軍部系メディア:「過激な行為は愛国ではない」
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050424-00000000-scn-int

中国国内でも、良識のある意見が出てきてはいる。
反日デモに参加していたある中国人女性がインタビューで「日本の友人は好きだが、政府のやり方は気に入らない」と答えていて、 次のシーンでデモ隊が破壊行為を行っていた。彼女は、そのデモ隊の行動に関してどう感じたのだろうか。また、 デモ隊に囲まれた日本車に乗った中国人女性が泣きながら「私は日本人じゃない」といっているにも関わらず無視して暴挙を行っていた映像を見て、 どう感じたのだろうか。

今回のデモで一番問題視されなくてはいけないのは、「反日がどうの、歴史認識がどうの」よりも、 「過激な破壊行為が露骨に日本政府から日本国民に向けられた」点である。
このデモが、中国人が今だ未熟な民族である象徴だといえる。
そんな未熟な民族が「反日がどうの、歴史認識がどうの」言うことに日本国民が反発していることに気づいて欲しいものだ。

posted by JNES at 01:59| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

余命20年の中国

【中国の人々へ】(4)作家・深田祐介 大事な時期、冷静な対応を
http://www.sankei.co.jp/news/050423/sei058.htm

 これからあと20年が経過すると、中国の人口はピークに達する。その間に保健医療体制の構築や医療施設の建設を完了させる必要がある。 20年で近代国家に生まれ変わらないと、始まるのは未曾有の大恐慌だ。その意味でこれからの20年は中国にとって、 まったく無駄にすることはできない時間だ。

「中国にとっての近代国家が今現状だ」と考えているのなら多分余命20年を待たずにその時を迎えるだろう。
広大な土地につながりの無い他民族、様々な言語がお互いのコミュニケーションを阻害している中国は、国家として未熟だと言える。

日本では、まずお互いの意見が理解できるように教育の統一を実施している。これは、 他国を侵略した時に日本語を教えることを見れば良く分かる。欧米は、侵略したら侵略したままで何もしない。 これはある意味良いことのように見えるが、実は侵略した国に対する執着が無いだけのことである。また、教育することで、 叛乱を引き起こす可能性も高まり、自分たちが危険にならない処置とも言える。

中国国内で、共通の言語が確立し、山奥の小さな村に住む老人や子供にも教育が伝わるようになるのなら、 中国の未来は明るい。

posted by JNES at 01:40 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月23日

反省と詫びと反感

首相「歴史的反省とお詫び」 アジア・アフリカ首脳会議
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050422-00000024-san-int&kz=int
小泉首相の演説、多くの中国人はおわび表明だけは十分ではないとの見方
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050422-00000432-reu-int

反日運動家は、「ことばでわびただけだ。十分とは言いがたい」とし、日本は文書で謝罪する必要があり、 憲法に過去の戦争のことについてふれるべきだ、としている。

多くの中国人は、国際会議においての首相による発言がどれだけ重大なことなのか理解できていない。
この発言により、小泉首相は今後の発言に注意しなければ、中国や韓国以外の多くの力のある国々から非難を浴びることになる。

第一、憲法に過去の戦争について触れる理由が分からん。
憲法は、現在の日本のありようを示すのが本分で、「過去に何があったからどうしよう」ではなく、「今の日本はこうあるべき」 という記述で済むことである。

こういった一方的な命令志向しかない国が、ポーランド・ドイツのように互いを尊重し合い、 未来を見つめた献身的な関係を築ける筈もない。
死に行くその最後までも相手を憎み、忌み嫌いながら終わっていく事に早く気づいて欲しいものだ。

続きを読む
posted by JNES at 00:22| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月21日

そういうことだけ丁寧に

中国旅行は即刻中止して!
http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=GN&action=m&board=552022058&tid=cf9qa4nhbfffca5ga5b&sid=552022058&mid=15651

・・・醤油味の炒め物のような色の濃い料理の中に小さく刻まれたゴキブリの黒い破片や足、 半透明の羽と思われるものがちらちら混じっていました。一匹紛れ込んで間違って調理されたのではありません、丁寧に刻んであったのです。

ここまでくると「本当に同じ人間なのか?」と民族性を疑いたくなる。

・・・「仕事でデモには参加できないが同じ気持ちだ」「歴史を反省しない日本人を懲らしめてやるのが何故悪い」等等、 論理も何もない低レベルな言い訳を繰り返すのみ。他の店員達も集まってきて私達を取り囲んで威嚇しはじめ、 身の危険を感じとにかくお金は一切払わないで帰ってきました。店を出たとき、 店内から拍手する音があがったのには怒りとくやしさがこみあげてきました。

低い、低すぎる。仕打ちのやり方が幼稚すぎる。
こんなことしか考え付かない低レベルな思考が自らの評価を下げている事に気が付かないのか?

まぁ、相手を懲らしめる為に相手の息子の人肉を食わせて楽しむ習慣のある低民族なら仕方ないのか。

続きを読む
posted by JNES at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界のメディアのそれぞれの対応

反日デモ、世界のメディアが注目 日中関係の悪化懸念
http://www.asahi.com/special/050410/TKY200504200245.html

 政府が中国への接近姿勢を示すフランスでは、ニュース専門局LCIが18日に平林博駐仏大使を招いた。同大使は 「日本は戦争中の過ちを認めてアジア諸国と良好な関係を築いたが、中国と韓国は愛国主義的で否定的な教育を続けている」と力説したが、司会者は 「では南京で何人殺したのか」と何度もせまった。

このフランスの司会者は論点を履き違えているとしか思えない。
何人殺した事実をはっきりしたところで現状が変化されるわけでもなく、アウシュビッツとかと違い、南京で大量虐殺が行われた事実も証拠もなく、 程度の低さを感じる。

 

続きを読む
posted by JNES at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月20日

その考え自体が国際的に論外だよ。

国際裁判所提訴は「論外」 竹島問題で韓国大使 (共同通信)
http://news.www.infoseek.co.jp/topics/world/korea.html?d=20kyodo2005042001001068&cat=38&typ=t


 韓国の羅鍾一駐日大使は20日午前、自民党本部で開かれた同党外交調査会で講演し、竹島(韓国名・独島)問題について日本の対応を批判し、領有権の判断を国際司法裁判所に委ねる案については「論外だ」と拒否する考えを明らかにした。


国際裁判で、どちらに非があるのかを判断して貰うだけなのになに目くじら立てているのか分からん。
侵略だと思うのなら、国際裁判で「日本の侵略」を主張すればいいじゃん。
それに委ねられないのは、韓国側の主張が通らないのが分かっているからか?ww続きを読む
posted by JNES at 19:31| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。