2006年05月11日

犯罪大国:性暴行

○信じることが出来ない警察[Yahoo!翻訳]
性暴行事件を担当した警察官が犯行再現を言葉尻で被害女性を再び性暴行する出たらめな事が起った.
なおかつ性(性) 関連事件に対する警察の捜査過程で被害者の人権染躪問題が絶えず申し立てられている中に起った事件だという点で女性団体などが反撥して出ることと予想されるなど波紋が拡散するように見える
仁川中部警察では 10日性暴行被害事実を届けて来た Aさん(46・女)を性暴行した疑い(性暴行処罰などに関する法律違反)にこの警察署刑事科所属 B 軽装(37)を緊急逮捕した.
警察によれば B軽装は性暴行被害事実を警察に届けて来た Aさんの家に去る 9日午後訪問,“実際に性暴行にあったのか調べなければならない”と底に横たえた後一度性暴行した疑いを受けている.
警察はまた去る 4月 Aさんが被害事実を初めて届けた時 B軽装が女性警察官立ち会いなしに任意に身体各部位を検査するなどセクハラした疑いに対しても調査をしている.
警察調査結果去る 4月 Aさんを性暴行した被疑者は非拘束立件されたし Aさんは仁川地域女性団体にもこのような事実を届けたことで現われた.
中部警察で関係者は “強制に性暴行したのか可否に対しての調査が進行中”と言いながら “強姦ではなくしても警察官身分としてはありえない事で事件波長が大きくて事件を仁川地方警察庁で越す予定”と言った.
B軽装は現在性暴行事実を頑として否認していることと知られた.
一方女性団体のある関係者は “警察を信じて警察にすべての事実を述べようとしていた被害者の信頼を忘れた警察の策略に怒りが禁ずることができない”と “このようなさんたんな事件が二度と発生しないように警察は徹底的に捜査をしなければならないこと”と言った.
要は、警察官が性暴行の犯行再現に託つけて、女性を性暴行したわけだ。
それ以前にも同じ女性に身体検査というセクハラを行っている。
警察側の対応も不満が残る。


○実の娘性暴行したお父さん,兄さんは甥セクハラ[Yahoo!翻訳]お父さんと叔父さんが実の娘と同時に甥を性暴行またはセクハラして警察につかまりました.
京幾地方警察庁女警察機動捜査隊は今日の 44歳梨某氏など兄弟 2人に対して逮捕状を申し込みました.
お父さん梨さんは去る 2004年 7月から最近まで火星自分の家で実の娘である 15歳船模様を常習的に性暴行して家で棒などででたらめに殴るうえ裸で追い出すなど虐待した疑いを受けています.
梨さんの兄さんにしよう培養の叔父さんは去る 2004年 12月家に一人でいるお腹羊を強制にセクハラした疑いを受けています.

翻訳がグダグだなのは、ハングルの欠陥なので仕方ない。簡単に言うと、「兄は弟の息子に、弟は自分の娘に」悪戯したわけだ。
兄弟で同じ容疑で同時に捕まる当たりが日本では考えられないな。


前に、北朝鮮の風俗が書かれた本を読んだ時、「旦那が嫁の妹と不倫するのが日常的」な話があった。
結局の処、こういった強姦なんかも半島の文化なのだろう。
posted by JNES at 14:37| Comment(17) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。