2006年04月20日

こんな韓国を誰が隣人だと思うか

 日本が竹島に海洋探査船を向かわせている件で、相変わらずあの国が反発している。



こんな日本を誰が隣人だと思うか


もう認めることは認めよう。日本がアジア外交で疎外されること、そう、それは自らが招いたことだ。独島が韓国でどんな意味を持つかは日本もよく知っているだろう。意地汚いやり方は国民感情を刺激するだけだ。どうか日本は理性を取り戻してほしい。



 どうすれば、このような妄言を考え付くのか理解に苦しむ。
 日本の対アジア輸出入が高騰したことを恰も韓国のお陰だと言わんばかりの内容を綴っている。
 その上で「アジア市場で儲けるだけ儲け、とんでもないところで恩着せがましくする人を好きな隣人はいない。」と言い切るが、それは日本側からの台詞である。
 散々日本から戦後のドサクサに紛れて火事場泥棒のように戦後補償を訴え、日本からの援助で経済を立て直したのに反日教育を続けている。


自分たちを嫌い、あらゆるものを搾取する人を好きになる隣人はいない。



韓日外交…バーシュボウ在韓米国大使も仲裁に


鬱陵島を基点にしても独島海域が韓国側に含まれる上、西南海(ソ・ナムヘ=黄海、東シナ海)EEZ交渉で最大限実利をとれるという点を考慮した。それだけに起点を鬱陵島から独島に変更すれば独島問題の争点化を回避しないという意志の表現であるといえる。



 何を考えているか分からないが、「韓国の基点が鬱陵島でその海域に竹島があるから韓国領土だ」というのは、既に排他的経済水域を理解していない事の証明でもある。

posted by JNES at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。