2005年04月23日

反省と詫びと反感

首相「歴史的反省とお詫び」 アジア・アフリカ首脳会議
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050422-00000024-san-int&kz=int
小泉首相の演説、多くの中国人はおわび表明だけは十分ではないとの見方
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050422-00000432-reu-int

反日運動家は、「ことばでわびただけだ。十分とは言いがたい」とし、日本は文書で謝罪する必要があり、 憲法に過去の戦争のことについてふれるべきだ、としている。

多くの中国人は、国際会議においての首相による発言がどれだけ重大なことなのか理解できていない。
この発言により、小泉首相は今後の発言に注意しなければ、中国や韓国以外の多くの力のある国々から非難を浴びることになる。

第一、憲法に過去の戦争について触れる理由が分からん。
憲法は、現在の日本のありようを示すのが本分で、「過去に何があったからどうしよう」ではなく、「今の日本はこうあるべき」 という記述で済むことである。

こういった一方的な命令志向しかない国が、ポーランド・ドイツのように互いを尊重し合い、 未来を見つめた献身的な関係を築ける筈もない。
死に行くその最後までも相手を憎み、忌み嫌いながら終わっていく事に早く気づいて欲しいものだ。

「わが国は第二次世界大戦後、一貫して、経済大国になっても軍事大国にはならず、いかなる問題も、武力に依(よ) らず平和的に解決するとの立場を堅持している」

少なくとも敗戦後、日本は武力を持って他国への侵略を行っていない。
いあ、もともと日本は島国である以上、他国への侵略は分が悪く、戦時中の侵略行為は本望ではなかったはず。
その為に、「八紘一宇」を掲げ、大東亜圏を確立して、欧米からの侵略を阻止するしかなかったといえる。
その為には、国として不安定な朝鮮半島や台湾などを統治して、日本本土の安全を確保するに至ったと考えられる。
これは、現在米国が自国をテロから守る為に中近東の戦闘に参加する理由に近いと思う。

posted by JNES at 00:22| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
中国はトルコや韓半島にまでその魔手を伸ばそうとしている。
日本人はそんな中国に対して毅然とした姿勢を示さなければならないと思う。
そうしなければいつか日本は中国の属国とされてしまうでしょう。
Posted by Jonathan at 2005年04月23日 04:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。