2005年04月26日

過去の体制

台日の「72年体制」を見直すべき
http://www.roc-taiwan.or.jp/news/week/05/050422d.htm

これらの変化は日本が中国の脅威をみずからにも向けられたものであることを認識したもので、 今回の中国の反日デモはこうした脅威を証明している。これまでは中国の脅威に対し、台湾が一方的に日米に協力を求めてきたと思われているが、 いまや台、日、米が共同で中国の脅威に対応しなければならないとの認識に変わっている。

この60年で近隣のアジア諸国も政治的にも経済的にも発展してきている。
その為、外交手段も時代に合わせて変化していかなければ成らない。日本の立場も「大日本帝国」のイメージから大きく変わってきている。 私の中では、日本という国は『帝国』のイメージはなく、今の状態がイメージに近い。(日本人として失われた文化や風習があるのは寂しい)

日中首脳会談、独立問題で大きく報道・台湾各紙
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20050424STXKA032624042005.html

歴史問題に加え、日本が最近台湾への関与を強めてきたことが中国の「新たな不満」と指摘した。

posted by JNES at 00:07| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3156115

この記事へのトラックバック

共産主義との妥協は一切排除すべき!!中台トップ会談に警告を発す!!
Excerpt: 中国問題の専門家、宮崎正弘先生のメルマガより引用させていただきます。 *********************************** 連戦(台湾国民党主席)、きょう訪中へ    ..
Weblog: 漆原亮太の平成軍国少年今日もゆく
Tracked: 2005-04-26 17:11

いい流れかも?
Excerpt: 軍部系メディア:「過激な行為は愛国ではない」 - livedoor ニュース軍部系の「解放日報」が、4月16日の上海デモを目撃した「読者」からの意見として、「過激な行為は愛国ではない」と題した記事を掲..
Weblog: Johnny style!
Tracked: 2005-04-27 12:43
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。