2005年04月26日

靖国神社というもの

靖国参拝訴訟で原告敗訴 東京地裁判決

小泉純一郎首相と石原慎太郎東京都知事の 靖国神社参拝は 政教分離を定めた憲法に違反するとして、 参拝に反対する市民や韓国人約1000人が国などに慰謝料と参拝差し止めなどを求めた訴訟の判決で東京地裁は26日、原告の訴えを退けた。

当然の結果。
寧ろ、韓国人は首相等が参拝することを歓迎すべきなのだが、「A級戦犯、 A級戦犯」と莫迦の一つ覚えのように抗議する。
私も知らなかったが、靖国神社には、日本のために共に戦った台湾・韓国人元軍人軍属も英霊として祀られているということだ。

それに、A級戦犯と呼ばれる人々も『死』という刑を受けて罪を償っている。
日本人の間隔としては、罪を償った人に唾を吐くような非礼は持たない。
非難の声を上げる前にもっと研究して、「何に対して抗議するのか」を見極めるのが先決なのではないだろうか。

死者の頭部を切り落とし、それをボールにみたててサッカーをするとか、焼死した死体を引き釣り回し、 挙句に吊し上げる行為を平然と行う低俗な考えしか持たない民族には理解されない美徳なのだろう。
ましてや、日本人の耳や頭蓋骨をコレクションして、自慢するような野蛮な民族には到底理解されない。

posted by JNES at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3166876

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。