2005年05月23日

親日を徹底的に

市民団体、「親日作品」春香肖像画の撤去を要求

全羅北道南原(チョンラブクド・ナムウォン)地域の経済正義実践市民連合(経実連)、YWCAなど10の市民・宗教団体は18日、 「親日残滓(ざんし)を清算し、民族の精気を立て直すため、 広寒楼(クァンハンル)内の春香祠堂にある春香の肖像画を直ちに取り外せ」という内容の声明書を出した。

反日で無ければ民族の精気を立て直せない未熟な民族ということだな。
親日であることが罪であるという意識自体が『中華思想』の最たるものである。

posted by JNES at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3838722

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。