2005年06月06日

宗教の自由

靖国神社  「A級戦犯の分祀は不可能」

  靖国神社が共同通信社の質問書に対し、従来の態度を維持する立場を、公式な見解として書面で表明したもの。 分祀による靖国問題の困難には、大きな困難が存在することが浮き彫りになった形だ。

靖国神社の判断は宗教的理由で、分祀できない。
それを認めてしまうのは、宗教干渉を許すことになるではないか。

posted by JNES at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4163816

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。