2005年06月03日

信頼は相手から求めるものではない!

「韓日共同歴史」研究も苦しい出発

 ドイツ政府は1970年代からフランス、ポーランドなど隣国との歴史理解に向け、積極的に話し合いに参加したことで、 ヨーロッパの信頼を取り戻した。日本には、アジアはおろか、 韓国の信頼を勝ち取ろうとする意志はあるのか。

ここで1つの事実を伝えよう。

ドイツがポーランドに歩み寄るきっかけは、ポーランドから歩み寄りによるものである。

謝罪する側、される側― ドイツとポーランドの場合
 ・・・だが、戦後二十年を経た1965年11月、 両国の関係を変えるきっかけとなる、あることが起こった。ポーランドのカトリック司教たちがドイツの司教たちに宛てて、 「私たちは、ドイツが過去に犯した罪を許します。あなたたちも、 私たちがこれまでに犯してきた罪を許してください」と手紙を書いたのである。 ・・・

すぐには和解とは進まなかったようだが、互いに歩み寄る姿勢があり、互いに歴史認識を合わせようとする力がそこにはあったのだ。

しかし、中韓は一貫して「日本の歴史認識を改める」事しか考えていない。未だに中国の教科書には「日本鬼子」だとか書かれている。 反日教育の成果を2005年の春に全世界に見せびらかしたではないか。日本の統治がきっかけとなり、近代化に進めた朝鮮にいたっては、 有りもしない「強制従軍慰安婦」を個人が国家に賠償を申し立ててる。

中韓がポーランドになりうる国家なら日本も他の国と同様に友好的な関係を築けるはずである。だが、 彼らにその意思が無い限りポーランドどころかアジアの中で孤立する愚かな国で朽ちるのを待つだけである。

posted by JNES at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月30日

文脈を無視するな

日本政界要人の戦犯無罪発言を批判

 5月26、27の両日、日本の森岡正宏厚生労働政務官と久間章生自民党総務会長が相次いで、 第二次世界大戦における日本のA級戦犯は「もう罪人ではない」などと、 極東国際軍事裁判の結果を公然と否定する発言をした。中国側はどう思うか。

まず、彼らの発言に「極東国際軍事裁判を否定」している箇所はない。なぜなら「もう犯罪人ではない」というのは、 「すでに死刑と言う罪を償った」ことを指している。
中華思想ではどうだが知らないが、日本では刑を全うしたらその罪は問われないのが通例である。

posted by JNES at 21:45| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月26日

客観的に自国を見る姿勢

中国も侵略と虐殺の歴史 北京出身弁護士、米紙に意見 「日本非難は矛盾」と指摘

日本の戦中の侵略や残虐を非難し、戦後の歴史への態度を批判するとしながらも、「中国の歴史も侵略と虐殺に満ちている」として「一九八九年の天安門での罪のない市民多数の殺戮(さつりく)は虐殺ではないのか」と疑問を提起している。

中国の知識人の中には、自国を客観的に見れる人が稀に存在する。その人の多くが、日本の侵略を認めつつも、自国の残虐性を認める。
日本人の場合、自国を客観的に見ようとすると自虐的にしか考えられないのが現状だ。

歴史は正しく調べれば真実にたどり着く、しかし、見方や考え方が少し違うだけで正反対の真実にたどり着く。

歴史認識を問うのなら、そういった側面を認めることが先決なのだ。

posted by JNES at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月24日

他国の文化を否定する

香港ディズニーのメニューに「フカヒレ」 、動物保護団体が非難

今年9月にオープンを控えた香港ディズニーランドと併設ホテルのメニューに「フカヒレスープ」が含まれていることについて、 世界自然保護基金(WWF)などが23日、経営母体のディズニーを非難する声明を発表した。フカヒレのためにサメが乱獲されているだけではなく、生きたままヒレを切り取られて捨てられるなど、 サメが残虐な扱いを受けているとして、フカヒレをメニューに入れないよう求めている。

日本における捕鯨も矢面に立たされているが、 このような古来からその国の文化として取り込まれてきた捕鯨やフカヒレをNGOが非難する資格はない。
特にWWFは、「野生生物の絶滅の危機から救う為」を基本活動としているのに、 「古来から培われた文明の根絶する」 ような行為を行ってよいのか?

posted by JNES at 09:25| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月23日

祖国から見捨てられた遺骨

戦争で犠牲の朝鮮半島出身者の遺骨と対面 北海道・ 室蘭

遺骨は当面寺に残され、日本に連れてこられたり、遺骨が放置されたりした経緯などが分かってから、 遺族らが引き取ることにしている。
北海道フォーラムの共同代表の一人で北海道深川市の寺の住職・殿平善彦さんは「真相を究明して、 事業を継いだ新日鉄や日本政府の責任を明確にしたい」としている。

前にも似た記事があるが、遺骨を放置していたのは韓国政府の方だったわけで。
いかにも日本が放置していたような記事しかかけないのは朝日新聞だから。

posted by JNES at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

戦争に「正当性」も「美化」もない、あるのは国の存亡

金大中氏が東大で講演 「靖国参拝は侵略戦争正当化」

靖国神社参拜に対し「侵略戦争正当化」とし、「一般の戦没者ではなく、犯罪的侵略戦争を起こし罪のない隣国に言い表せないほどの犠牲を強要したA級戦犯を参拜することに反対するのだ」 と述べた。

中国と韓国の違いは、犯罪的侵略を「アジア全体」と「隣国」と言うところか。
ただ、隣国に罪が無いわけでもなく、国として不安定だった韓国を日本の統治下に置くことでどれだけの恩恵を受けているか、それを考えるべき。

第一、戦争の起因を個人の責任と考えること自体間違っている。A級戦犯と呼ばれる人々が、 他の人の制止を振り切って犯罪を犯したのなら分かるが、日本と言う国が自国を死守する為に選んだ選択ではないか。

続きを読む
posted by JNES at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

親日を徹底的に

市民団体、「親日作品」春香肖像画の撤去を要求

全羅北道南原(チョンラブクド・ナムウォン)地域の経済正義実践市民連合(経実連)、YWCAなど10の市民・宗教団体は18日、 「親日残滓(ざんし)を清算し、民族の精気を立て直すため、 広寒楼(クァンハンル)内の春香祠堂にある春香の肖像画を直ちに取り外せ」という内容の声明書を出した。

反日で無ければ民族の精気を立て直せない未熟な民族ということだな。
親日であることが罪であるという意識自体が『中華思想』の最たるものである。

posted by JNES at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コントロールしたい3か条

靖国参拝中止を要求 胡主席、 与党幹事長に

(1)日本の指導者層の靖国神社参拝
(2)歴史を美化した教科書
(3)台湾に言及した日米両政府の共通戦略目標

これはまさに、中国からみて日本をコントロールする上で必要となる3か条である。
言い換えれば、(1)宗教干渉(2)内政干渉(3) 外交干渉である。
広島の平和公園を含め、戦争を二度と起こさない誓いを立てている日本の風習である。第一、戦争を美化している教科書は日本には存在しない。 中国から見て「日本軍=悪」でないから書き直させたいだけなのだ。しかし、これは他のアジア諸国の見解と大きく違う。そして、『一つの中国』 という名の他国侵略行為。既に台湾は国民の直接選挙で総統を選出する独立した統治国家として成り立っている。 余りにもかけ離れた国政を行っている両者が1つになることは無いだろう。

胡主席は日中関係に触れる中で「ビルの建設は、れんがを一つ一つ積み上げないとできないが、 そのビルは一瞬にして壊すことができる」「一部の人が中日関係の発展を阻害しようとしていることを憂慮する」と指摘。 靖国参拝継続の意向を表明している小泉首相を強くけん制した。

これは寧ろこちらが言いたいことである。中国こそ、自分達の都合であっさり主張を変えるではないか。

「現代を鑑」 に歴史を裁くのか

中国はかつて、ソ連の対日参戦や北方領土の占領に批判的な立場をとったことがあったはず。現実の政治の流れしだいで、変幻自在に主張を変えるということだろう。

続きを読む
posted by JNES at 09:58| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月22日

昭和天皇とは

感銘与える「昭和天皇」

今まで(ロシアで)知られていた(昭和)天皇像とは全く違う、新たな天皇像に深い感銘を受けた。 どの国でも戦争に負けそうになれば指導者は国民をほったらかして逃げていくものだが、天皇は逆に、 国民のために自らを犠牲にすることをいとわなかった

昭和天皇とマッカーサー元帥の対談がとても有名だが、『戦争を起こし、敗戦を決めた』歴代の天皇の中でもっとも波乱万丈な一生を残した。
別に天皇崇拝とは思わないが、人として昭和天皇の存在は大きかった。現在の天皇家が衰退しているようにも見えてしまう。

あの時代に決断を迫られ、国民を想い、国民を救う為に出した決断をなぜ今の左翼は『天皇責任論』に発展させているのか、理解できない。
それは、ただ単に責任を押し付けているだけのようにしか見えない。

続きを読む
posted by JNES at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月20日

『常任理』もダメ、『靖国』もダメ。ダメダメ国家。

首相靖国参拝 中国「A級戦犯が問題」 中止が「常任理」容認前提か

小泉首相がA級戦犯を合祀(ごうし)する靖国神社への参拝を中止することが、 日本の常任理事国入りを容認する前提だとの考えを示唆したものだ。ただ、「小泉首相が参拝をやめても、中国は日本の常任理事国入りを支持しないのではないか」との問いには、回答を避けた。

何が何でも、日本を子々孫々うらみ続ける気らしい。
公式の場であっさり嘘をつけるシナは、すばらしいな。


 

続きを読む
posted by JNES at 13:56| Comment(0) | TrackBack(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。