2005年05月18日

勝ったのか、負けたのか

産経Webにとても痛快な記事が記載されていた。
5月9日に開催された 『対独戦勝六十周年』の記念祭での一コマから過去の優越がこの60年の間に逆転している状況をうまく捉えている。

「現代を鑑」 に歴史を裁くのか

・・・首脳たちが横一線で歩き出したとたんに、隅っこからスーッと真ん中に寄ってきて、ブッシュ大統領と仲良さそうに肩を抱き合った。 むかし敵国、いま同盟国の小泉純一郎首相である。
小泉首相にすれば、現在の盟友、ブッシュ氏と親交を示す最高の見せ場だったに違いない。しかし、目の前を素通りされた中国の胡錦濤主席からみると、戦勝国クラブの晴れの舞台を崩された思いが強かろう。 先ごろは「反日デモ」の利用で、日本の常任理事国入り阻止という腹黒い意図を見抜かれたばかりだ。胡氏には、再度「歴史カード」 が使えるこの式典にかける期待が大きかったと推察する。
 ところが、小泉−ブッシュの抱擁シーンが、インターナショナル・ヘラルド・トリビューン紙などいくつかの米欧紙の一面を飾った。 この一枚の写真によって、戦勝国・中国の敗戦国・ 日本に対する優越が覆されてしまったのだ。

勝戦国と敗戦国で露骨な席を設けられておきながら、この小泉首相の大胆な行動には感服する。(ただ単に、気が付かなかったのか?)

この小泉首相の行動に翻弄された胡錦濤主席の向こう見ずな対応は、中国の外交下手が露呈した形ではないだろうか?

posted by JNES at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自分達の事は棚に上げて

「宗教の名の下に内政干渉せぬよう」 中国、バチカンとの関係改善で

孔報道局長はその上でバチカン側に対し「『一つの中国』原則を認め、 台湾独立運動に関与すべきでない」と要請。「宗教行為の名の下に内政干渉しないよう注意してほしい」とも述べた。

自分達に主義主張を他人に押し付けているのに腹が立つ。
そのくせ、自分達は日本の内政にどんどん干渉してくる。

小泉首相も同じ言葉を引用して対向するべき!

第一、『一つの中国』だと思っているのは、当の中国だけで、台湾にしろ、返還されて困っている香港にしろ、いい迷惑だ。

posted by JNES at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

それでも、参拝は支持できないのか

「血で汚れたA級戦犯」 中国、首相靖国参拝を批判

A級戦犯の合祀 (ごうし)が根本問題との認識を示した上で「彼ら(A級戦犯) が 罪を犯したという見方は国際社会の定説」と述べ、 小泉首相の参拝継続は認められないとの中国の立場を強調した。

国際裁判というリンチを受け、それでも罪を償って逝った者への冒涜ではないか。
戦犯といわれた人々が、自殺や国外逃亡(亡命)などせずに堂々と裁判を受け、その結果を遂行した時点で個に対する罪を咎めるいわれは無い。第一、 A級戦犯といわれるほどの罪なのかすら分かっていない。

戦争が起きた理由は、白人による植民地化が原因だし、大量虐殺もいわれの無い冤罪だ。
それでも、日本は『自らの罪』として、GHQによる一方的な平和憲法をこの60年死守してきた。
そして、二度と戦争が起きないように、あの戦争で死んでいった人たちを尊ぶのが、日本の文化である。

この日本の文化を理解しない限り、中国は戦前の中国と同じ過ちを繰り返す。

 

シンガポール首相 リー・シェンロンがこの件で中国側に共感している。

靖国参拝を痛烈に批判 訪日控えシンガポール首相

しかし、忘れてはいけないのが、この首相が華人 国父リー・クアンユーの息子だということである。結局のところ、中国民族が騒いでいるだけのことだ。

続きを読む
posted by JNES at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月17日

行間が読めない国

楊振亜・ 元駐日大使「民間友好は中日関係の原動力」

「日本の大勢の人民と極めて少数の軍国主義者を厳密に区別する必要がある。日本の大勢の人民に戦争の責任はない。彼らもまた侵略戦争の被害者であり、 中国の人民との友好を望んでいる。また、政府の政策決定者と一般の政府関係者を区別する必要がある。・・・」

他の国からそういわれると信じれるが、中国から言われると眉唾モノとしか受け取れない。
それは、近年の反日運動がもたらした日本の一般人に対する暴挙が現しているし、何より、一方的な反日教育が示している。
また、このように文面で表現したところで、中国全体で一体何%の人がこの記事を読むことがあるのだろうか?
結局のところ、反日教育から抜け出せないのなら、何を言っても疑われる大国だということだ。

続きを読む
posted by JNES at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月16日

だから政権取れないのだよ、岡田君。

中韓との歩み寄り求める 岡田氏、首相の外交批判

「アジアに十分に注意が行き届いていない。自信があれば自らの誤りを認め、他者に寛容になれる」

アジア(=中韓)には寛容に相手の言いなりになって、米国には言うべきことを言うというのが、民主党のやり方なのだろう。
そんな考えしかないから、政権も取れないということに、早く気づいて欲しい。
寧ろ、今までの経緯を考えれば、中韓に言うべきことを言うのが今必要な日本の態度だ。
posted by JNES at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

強気なボス

首相 「靖国参拝やめる理由ない」

「どの国でも戦没者に対する追悼を行う気持ちは持っているはずだ。どのような追悼の仕方がいいか、 他の国は干渉すべきではないと思う。 靖国に参拝してはいけない理由が分からない

普段からこの姿勢を国会だけでなく、国際会議の場で発言して欲しいものだ。
まぁ、中韓からはすぐに反応が来そうな気がするが。

町村外相もいつになく強気な気がするが。

常任理入り、 町村外相が駐在大使集めゲキ
posted by JNES at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月14日

いつまでも言うなと

「平頂山事件」訴訟で東京高裁、原告の控訴棄却

中国を侵略した日本軍が1932年に起こした「平頂山事件」で、生存者が日本政府を相手に起こした「平頂山事件」 訴訟の控訴審判決が13日、日本・東京高等裁判所で言い渡された。

この手の裁判がごまんとあるが、こんな陳腐な次元の事件を含めて全ての冤罪は 東京裁判で支那人と韓人が好きなA級戦犯が罪を背負って既に解決済みである。 あの東京裁判にも中国の代表が裁判官として立ち会っている。

既に判決(しかも、勝戦国の一方的な裁判)が出ていて、既に戦後から60年。あの裁判にケチをつけるなら、 最初から東京裁判をやってみても良いが、結果は見えている。

posted by JNES at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月13日

よくも抜け抜けと

「反日教育」 を否定 中国・王毅駐日大使

・・・中国政府は一貫して対日友好政策を堅持しており『反日教育』 は我々の政策を否定することになる・・・

こうもあっさり否定する中国は、ある意味立派である。日本人のことを『日本鬼子』とか平気で教科書に載せて、 人民に満遍なく教育している現状はどう説明するのだろうか。

日本人もこの強かさを学んで、もっとアジアに日本をアピールできるようになりたいものだ。

続きを読む
posted by JNES at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月12日

残念ながら彼らは日本人ではない

強い言い方だが、これは日本人でありながら、日本人としての誇りもない人だというしかないだろう。

日本右翼を非難する声明を北京で発表

現在の日中両国の緊張関係を解決する根本的な道は、侵略という歴史問題に正しく対処することだとした上で、 「過去のあやまちを反省するには、言葉だけに留まっているのは不十分」と指摘。

既に行動でアジアの経済に多大な貢献を上げている日本に居ながら、何も見ていないのだろう。 自分達の親の代から税金を余すことなく吸い取られていることを直視すべきだろう。
第一、あの時代にそうせざるしか、日本が生き残る術が無かったという事を考え、祖父達がどれだけ苦労してきたのかを考えるべきである。

年齢が30歳に満たないという点からも、所詮「戦争を知らない世代」 の戯言でしかない。

若い世代だからこそ、冷静な歴史認識を持ち、 旧世代が頭の上がらない中韓に一石を投じてみて欲しいものだ。

続きを読む
posted by JNES at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

反日は統一されているが・・・

教育部役人談、半数近くの中国人、 共通語を話せず

・・・半数近くの中国人は日常交流において共通語を話せない。共通語を話せる53% の中でも毎日共通語を使えるというものではない。

広い領土を持っていて、多民族である 中国(中華人民共和国)は他民族との交流が必要ない為、このような現象が起こるという。 台湾(中華民国)でも日本統治以前は同じような状況だったらしい。しかし、日本統治により、日本人による教育が施され、 日本語という共通言語が定着したのが史実。中国も日本統治下に治められていたら、共通言語が定着したのにな。

・・・中国は社会主義市場経済を全面的に推進する当面、全社会範囲から共通語を普及させることは必然的な意義がある。 共通語の普及は経済を促進、人民生活水準を高める重要な一環だ。

戦後60年も現状をほったらかしにしておいて、今更って感じだな。
反日感情は、せっせと教育を施しておいて、一番大事な国政に関わる教育を施さないで中国の未来は無いものと同然。

posted by JNES at 10:56| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。